リラクゼーション

ハーブ

  • ハーブのこと
  • ハーブを使って
  • ハーブ体験
  • エステ
  • 絵本
  • おもちゃ
  • 体験
  • クアハウス
ハーブを使って。生活の中のハーブ。
  • ハーブティー 健康志向の高まりとともに私たちの暮らしのなかで身近な存在になっているハーブティー。
  • クッキング いつもの料理にハーブを少し加えるだけでとてもお洒落に仕上がり、リッチな気分になります。
  • アロマ 植物の力を思い切り凝縮した精油はすばらしい力を発揮してくれます。
  • クラフト 素敵な香りのハーブクラフトは私たちの暮らしを彩ってくれます。

アロマテラピー

ハーブから生まれた精油(エッセンシャルオイル)を使って健康な心と体づくりに利用します。 植物の力を思い切り凝縮した精油にはハーブと同じように私たちの心と体にすばらしい力を発揮してくれます。

芳香浴

アロマアロマオイル

アロマテラピーを最も手軽に楽しめる方法です。空気中に精油を拡散させ、鼻から芳香成分を取り入れる方法です。

マグカップを使って
マグカップにお湯を8分目までいれ、精油を1・2滴たらします。
香りに鼻を近づけて深呼吸して下さい。
オイルウォーマー
キャンドルの熱で精油をあたため、空気中に香りを拡散させます。
受け皿に7〜8分目までお湯か水を入れて、精油を垂らします。
6〜8畳の部屋で精油5〜6滴が目安。そのあとキャンドルに火をつけます。水分と一緒に精油が蒸発し芳香成分が漂います。
アロマライト
電球の熱で精油をあたためます。
火をつかわないので子どものいる部屋でも安心して使えます。
受け皿に精油を垂らしてスイッチを入れます。
6〜8畳の部屋で精油5〜6滴が目安。

アロマバス

バスタブの中に精油を落として入るアロマバス。鼻から香りを楽しむ芳香浴の効果と、精油が皮膚から浸透する効果の両方が活用できます。
ゆっくりお湯につかることで血行も良くなり、より効率よく芳香成分が体に行きわたりリラックスできます。

バス フットバス フェイシャルスチーム
全身浴
お湯をはったバスタブの中に、精油を最高6滴まで加え、よくかき混ぜて入ります。
肌が敏感な方は天然塩(大さじ2)かキャリアオイル(10ml)で希釈して入れます。
また天然塩と混ぜることでお湯に溶けやすくなるので希釈がおすすめ。
リラックスしたいときはぬるめのお湯(38℃くらい)でゆっくりと入ります。
リフレッシュしたいときは少し熱めのお湯(40〜42℃)で短い時間で入浴して下さい。
半身浴
体をじっくりゆっくりあたためるなら半身浴がおすすめ。
38℃程度のお湯に精油を4〜5滴垂らしよくかき混ぜてはいります。
20〜30分くらいゆっくりはいりましょう。
全身浴同様、敏感肌の方は希釈して下さい。上半身は冷えないよう肩にタオルをかけておきましょう。
ハンドバス
手の疲れからくる肩こりや手荒れのケアにおすすめです。
大きめの洗面器に40℃くらいのお湯を入れて、精油を2〜3滴垂らし、よくかき混ぜます。
5〜10分くらい手首までつけて下さい。
フットバス
手足を温めることで体全体の血行を促進し、足のむくみもすっきりしてくれます。
バケツに40〜43℃くらい(ハンドバスより少し熱めくらい)のお湯をいれて、精油を3〜4滴垂らし、よくかき混ぜます。
足首の上からふくらはぎの下くらいまで10〜15分くらいつけて下さい。
フェイシャルスチーム
のどの不調や鼻づまりを改善。肌も潤してしっとりしてくれます。
湯気がたつくらいの熱いお湯を洗面器に入れ、精油を2〜3滴垂らします。
お湯より30cmくらい顔を上にもっていき、蒸気を逃がさないよう大きめのタオルを頭からかぶります。
約1分間、鼻と口から吸入して下さい。この時必ず目は閉じるように。
ホットタオル
(温湿布)
目の疲れや、頭痛、肩こり、足のむくみなどの症状を和らげます。
熱いお湯を洗面器にいれて、精油を1〜2滴たらし、よくかき混ぜます。
タオルの中央部分をお湯につけ火傷しないように絞ります。そして必要な個所に置きます。
その上からラップをのせ、さらに別のタオルをのせ温度が下がらないようにして下さい。

アロママッサージ

アロマハンドマッサージ

自分の好きな精油やその時の用途に合わせた精油を選んでキャリアオイルでのばしマッサージオイルをつくります。自分好みのオイルができたら気になるところをマッサージします。

マッサージオイルの作り方
材料
精油…5〜6滴  ホホバオイルまたはスイートアーモンドオイル…30ml  遮光ビン
作り方
  • 1)ビーカーにホホバオイル(スイートアーモンドオイル)を入れ、精油を加える。
  • 2)ガラス棒でよく混ぜ、遮光ビンにいれる。保存は冷暗所で1カ月。
マッサージの基本テクニック
マッサージを始める前に
体をよくほぐして下さい。お風呂上りのマッサージが効果的です。
もむ
手のひらや指を使って筋肉をもみ、ほぐしていきます。あまり強くせず心地よいがベストです。
さする
手のひらや指を使って、優しくなでるようにさすります。
リンパの流れを促進させて、新陳代謝をよくするほか、リラクゼーション効果もあります。
押す
ツボを刺激するときに使う方法です。ゆっくり力を強めて3〜5秒押し、ゆっくりと力をぬきます。
3回ほど繰り返して下さい。3キロくらいの圧力でおすのが目安です。

お悩み別精油選び

精油にはさまざまな作用があります。

眠れない
イランイラン・オレンジスイート・ゼラニウム・ラベンダー・ローズウッド
のどが痛い
ティートゥリー・ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー・ローズマリー
花粉症
ゼラニウム・ティートゥリー・ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー・ローズマリー
肩こり
ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー・ローズマリー
冷え症
ユーカリ・ラベンダー・ローズマリー
目の疲れ
ティートゥリー・ユーカリ・ラベンダー
食欲不振
ペパーミント・ベルガモット・レモングラス
乗り物酔い
ペパーミント・ラベンダー
イライラしてしまう
イランイラン・オレンジスイート・ゼラニウム・ラベンダー・ローズウッド・グレープフルーツ・ローズマリー
無気力
ペパーミント・ベルガモット・ユーカリ・ローズマリー・オレンジスイート・グレープフルーツ
憂鬱な気分から
抜け出せない
イランイラン・オレンジスイート・グレープフルーツ・ペパーミント・
ベルガモット・ラベンダー・ローズウッド
集中できない
オレンジスイート・グレープフルーツ・ペパーミント・ベルガモット・ユーカリ・ローズマリー
恋する気持ちを高めたい
イランイラン・オレンジスイート・グレープフルーツ・ペパーミント・ベルガモット
失恋から立ち直れない
イランイラン・オレンジスイート・ベルガモット・ラベンダー
ダイエット
オレンジスイート・グレープフルーツ・ラベンダー・ローズマリー
肌のしわ
イランイラン・オレンジスイート・ゼラニウム・ラベンダー・ローズマリー
にきび
イランイラン・オレンジスイート・グレープフルーツ・ゼラニウム・ティートゥリー・ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー
生理痛
イランイラン・ラベンダー

精油を扱うときのルール

  • 1)直接肌につけないで下さい。
  • 2)決して飲用しないでください。
  • 3)肌につけるときは薄めて使いましょう。
  • 4)肌につけるまえには必ずパッチテストをしましょう。
  • 5)効能と危険性を知って使いましょう。
  • 6)子供や高齢者への使用には最善の注意をはらいましょう。
  • 7)火気に注意して扱いましょう。精油は引火する可能性があります。
  • 8)冷暗所で保管しましょう。
  • 9)使用期限を守って使いましょう。
取り扱いリラクゼーショングッズ ※当ホテルロビーにて販売しております。
  • アロマポット
    アロマポット
  • エッセンシャルオイル
    エッセンシャルオイル
  • シアバター
    シアバター
  • マッサージオイル
    マッサージオイル
  • バスソルト
    バスソルト

このページの先頭へ